弁護士費用

弁護士費用

弁護士にお支払い頂く費用は、大きく分けて「法律相談料」「着手金」「報酬金」「実費」があります。

法律相談料

30分ごとに5,500円(税込)

着手金

依頼を頂いた時点でお支払い頂く費用です。

依頼者の望む結果が得られなかった場合でも、ご返金には応じられません。

また、後述する「報酬金」とは別に頂くものですから、報酬金には充当されません。

金額は、ご依頼頂く事件の「経済的利益」に応じて、以下の計算式によって算出致します。

ここでいう経済的利益とは、典型的には、相手方に対して請求する額や、相手方から請求されている額を指します。

ただしこれはあくまでも目安ですから、事件の内容によって増減することがあります。

ご依頼頂く時点で、しっかりとご説明し、委任契約書を作成致しますのでご安心下さい。

経済的利益計算方法
300万円以下の場合その8.8%(税込)
300万円を超え3000万円以下の場合その5.5%+9万9000円(税込)
3000万円を超え3億円以下の場合その3.3%+75万9000円(税込)
3億円を超える場合その2.2%+405万9000円(税込)

報酬金

ご依頼頂いた案件が解決した時に、その結果に応じて頂く費用です。

依頼者の希望が完全に通らなかった場合でも、結果に応じて報酬金は発生致します。

例えば、100万円を請求したものの、70万円しか回収できなかった場合でも、その70万円を回収したことについて報酬金が発生致します。

金額は、事件処理の結果得られた「経済的利益」に応じて、以下の計算式によって算出致します。

ここでいう経済的利益とは、典型的には、相手方から回収できた額や、相手方からの請求を排除できた額を指します。

ただし、着手金同様、これはあくまでも目安ですから、事件の内容によって増減することがあります。

経済的利益計算方法
300万円以下の場合その17.6%(税込)
300万円を超え3000万円以下の場合その11%+19万8000円(税込)
3000万円を超え3億円以下の場合その6.6%+151万8000円(税込)
3億円を超える場合その4.4%+811万8000円(税込)

実費

事件処理のために掛かる費用です。

例えば、裁判を起こす時に裁判所に収める印紙や郵便切手代、裁判所へ出頭するための交通費、依頼者や関係機関との郵便代を指します。

PAGE TOP